ガラス屋に交換するガラスの情報を伝える

窓ガラスが割れた際は専門業者に修理を依頼するのが適切です 窓ガラスが割れた際は専門業者に修理を依頼するのが適切です

ガラス屋さんに依頼する前にチェックしておこう

笑顔の男性

ガラス屋に修理を依頼する際は交換するガラスの種類やサイズをきちんと伝えておく必要があります。ガラスの種類やサイズを間違えてしまうと新しくガラスを買い直すことになり、修理にかかる費用や時間が増えてしまう可能性が高いです。

確認しておくこと

調べものをしている女性

ガラス屋に修理を依頼した場合、交換するガラスの種類やサイズは必ず聞かれます。きちんと内容を確認しておきましょう。

窓ガラスの種類
ガラスには透明タイプのガラス以外に、ワイヤー入りのガラスや曇り加工が施してあるガラスが存在します。ガラスの種類はガラス屋のホームページなどで確認することができるので、種類がわからない場合はネットで一度調べてみるのがベストです。
ガラスのサイズ
割れたガラスのサイズを確認する際は縦と横の長さをセンチ単位で、ガラスの厚みをミリ単位で計測しておきましょう。ガラス屋の中には現地調査を取り扱っている店舗も存在するので、自分で計測できない場合はこうしたサービスを利用するのが適切です。

ガラス修理にかかる時間って?

割れた窓ガラスを元通りに直す場合は、ガラスを丸ごと交換することが多いため、施工時間は短くなります。小さなヒビや傷であれば補修工事を行なうことでガラスを直すことができますが、大抵はガラス交換を行なうのが一般的です。窓枠部分に異常が無ければ、ガラスの交換作業は約1時間前後で完了させることが可能でしょう。しかし、ガラスの破損状態や修理する枚数などによって時間は異なります。また、依頼を行なう店舗によっても交換にかかる時間は違うので、ガラスの修理や交換を申し込む際は見積もりを確認して作業時間を調べておきましょう。

TOPボタン