ガラス屋は割れたガラスも回収することが可能です

窓ガラスが割れた際は専門業者に修理を依頼するのが適切です 窓ガラスが割れた際は専門業者に修理を依頼するのが適切です

割れたリビングのガラスはどうする?~処分の仕方~

従業員

リビングなどの場所で窓ガラスが割れてしまった場合は、一刻も早く割れたガラスを処分しなければなりません。そのままにしておくとガラスの破片で子供が怪我をしたり、空き巣や泥棒の被害を誘発させてしまったりする恐れがあります。

ガラスの処分の仕方は?

ガラスの破片を拾う

割れた窓ガラスを処分する際はまずサイズの大きな破片を拾い、新聞紙で丁寧に破片を包みましょう。割れたガラスは踏むと怪我をする可能性が高いので、拾う際はスリッパなどを履いておくのが最適です。また、拾ったガラスの破片が大きい場合はハンマーなどでガラスを割り、サイズを調整することでガラスを包みやすくする必要があります。

細かい破片は掃除機で

サイズの大きなガラスの破片を拾った後は周囲に残った細かい破片を回収するために、掃除機をかけるのが一般的です。掃除機を使えば細かい破片を残さず吸い取ることができ、ガラスの回収にかかる時間も短くなります。掃除機が無い場合はちりとりや箒、粘着シートなどを活用しガラスを回収しておきましょう。

ダンボールに入れる

新聞紙で包んだ割れたガラスは丁寧にガムテープなどで包んでおき、表面に割れ物注意と記載しておきましょう。こうした配慮を行なっておけば、回収業者が割れたガラスに触れて怪我をするのを予防できます。その後は、新聞紙を丁度良いサイズの段ボールへと入れておき、段ボールの表面にも割れ物注意と記載しておくのが適切です。

ガラスはどう処分するの?

割れたガラスは燃えないゴミとして捨てることができますが、捨てる際は回収業者が怪我をしないように注意しなければなりません。住んでいる地域によっては危険物と指定されていることもあるので、ゴミに出す際は注意しましょう。

自分たちで対応できない場合は…

割れたガラスを自分で処分できない場合は、ガラス屋に回収を依頼しましょう。店舗によっては回収費用が発生することもありますし、回収を実施していない場合もあるので依頼を行なう際は事前に確認をしておくのが適切です。

TOPボタン